Blog&column
ブログ・コラム

精神病の種類は?

query_builder 2024/06/01
コラム
67
一口に精神病と言っても、様々な種類があります。
どんな種類があるのか主なものをご紹介しましょう。

精神病の種類
統合失調症
主な症状は、妄想や幻覚です。
この他にも、変化に弱くなる、話の内容がつかみにくくなるなど生活に困難をきたすこともあります。
なぜ発症するのかわかっていませんが、100人に1人ほどの割合でかかる比較的一般的な疾患です。

■気分障害
双極性障害やうつ病などのことを指します。
うつ状態のときは、気分が落ち込み何もやる気が出なかったり、希死念慮にとりつかれたりすることもあります。
躁状態の時は、気分が異常に高揚し、普段ではありえないような行動をとります。

■依存症
自分の意志では止められないほど、あるものに固執し生活に支障をきたしてしまうことを指します。
代表的なものに、アルコール依存、薬物依存などがあります。

■高次機能障害
交通事故などで脳にダメージを受けたことで、認知機能に問題が起こる状態を指します。
損傷した場所により、現れる症状が異なります。

■てんかん
脳の一部が異常に興奮することで、発作を起こします。
症状は、意識を失うものから周囲にはほとんどわからないようなものまで様々です。

▼まとめ
精神病になると、症状によっては働くことが困難になることもあります。
そんな時は就労支援を受けてみてはいかがでしょうか。
当社では、就労移行支援を行なっております。
精神障害を持つ方の支援も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 精神病の方への家族の対応は?

    query_builder 2024/05/03
  • 障がい者の就労サポートの種類

    query_builder 2024/04/05
  • 障がい者の仕事探しの方法

    query_builder 2024/03/03

CATEGORY

ARCHIVE