Blog&column
ブログ・コラム

障害を持つ方への就労支援の内容

query_builder 2023/09/03
コラム
58
障害を持つ方の就労支援には、いくつかの種類があり、それぞれ内容が異なります。
今回は、それぞれの就労支援の内容をご紹介しましょう。

就労移行支援
就労移行支援は、障害や病気を持つ方に対し、一般企業への就職を支援するサービスです。
就労移行支援の内容は、主に職業訓練、職場探し、職場定着支援の3つです。

■職業訓練
ビジネスマナーやパソコンなど、就労に必要なスキルを学びます。
事業所により学ぶことができるスキルは異なります。

■職場探し
利用する方の能力や性格などに合った職場探しのサポートを、ハローワークなどと連携して行います。

■職場定着支援
就職後、6ヶ月間企業と連携しながらサポートを行います。

▼就労継続支援A型
就労継続支援A型は、一般企業への就職が難しい65歳未満の障害や病気を持つ方が利用できるサービスです。
事業所と雇用契約を結び、事業所内で就労を行います。
飲食店のホール作業、パソコンの入力など事業所により業務は異なります。

▼就労継続支援B型
就労継続支援B型は、一般企業への就職が難しく、かつ事業所内での就労も難しい方が利用します。
年齢制限はなく、利用時間も利用する方の状態に合わせて自由に設定できます。
作業内容は、農作業や部品加工、データ入力など事業所により様々です。

▼まとめ
就労支援の内容は、サービスの種類や各事業所により異なります。
気になる事業所がある場合は、直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。

当社では就労移行支援を行なっております。
利用者様の能力に合わせ、「パソコン・事務訓練」「工事・製造業訓練」などコースを選択できます。
自分の得意なことをさらに伸ばして就労につなげたい方は、ぜひご相談ください。

NEW

  • 知的障がい者への接し方

    query_builder 2024/07/02
  • 精神病の方への家族の対応は?

    query_builder 2024/05/03
  • 障がい者の就労サポートの種類

    query_builder 2024/04/05

CATEGORY

ARCHIVE