Blog&column
ブログ・コラム

障害者向けの就労支援制度

query_builder 2023/06/01
コラム
55
障害を持つ方の中には、就労支援を受けたいけど、制度がよくわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこでここでは、障害を持つ方向けの就労支援制度をご紹介しましょう。

▼障害者向けの就労支援の種類
障害者向けの就労支援には、以下の3つがあります。

■就労継続支援
障害や難病などを抱えており一般企業での就職が難しい方が、事業所内でサービスを受けつつ就労することを指します。
就労継続支援には、事業所と雇用契約を結ぶ労働がメインのA型と、雇用契約を結ばない訓練やリハビリがメインのB型があります。

就労移行支援
障害や難病を抱えている方が、一般企業への就職を目指すために受けるサービスを指します。

■就労定着支援
障害者雇用枠で一般企業へ就職した方が、仕事を続けられるよう支援するサービスを指します。

▼障害者向けの就労支援制度のなりたち
障害者向けの就労支援制度は、1976年に「障害者雇用促進法」の施行がきっかけで始まりました。
最初にスタートしたのが、就労継続支援でした。
その後2006年に「障害者自立支援法」の施行により就労移行支援が始まり、障害者の一般企業への就職の道筋ができたのです。
これにより自立する障害者が増えましたが、離職する障害者も目立つようになります。
そこで2018年にできたのが、就労定着支援です。

▼まとめ
障害者向けの就労支援制度は色々な種類があります。
それぞれ適切なものを選択して利用しましょう。
当社では、就労移行支援を行なっております。
丁寧なヒアリングにより利用者様の現状を把握し、的確なサービスを提供いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

NEW

  • 精神病の方への家族の対応は?

    query_builder 2024/05/03
  • 障がい者の就労サポートの種類

    query_builder 2024/04/05
  • 障がい者の仕事探しの方法

    query_builder 2024/03/03
  • 障がい者がスキルアップすべきスキルとは

    query_builder 2024/02/01

CATEGORY

ARCHIVE