Blog&column
ブログ・コラム

自己肯定感が低い原因は?

query_builder 2022/04/15
コラム
38
近年、自分に自信が持てない方が増えています。
しかし人間は誰もが価値のある存在であるのは確かです。
なのにどうして自己肯定感が低くなってしまうのでしょうか。
今回は「自己肯定感が低い原因」について考えていくことにしますね。

▼自己肯定感とは「自分を肯定すること」
自己肯定感とは、自分の存在や価値を自分で認めた時に得られるポジティブな感覚です。
何か行動を起こそうとする時、自己肯定感が高ければ「とりあえずやってみよう」「失敗しても大丈夫」と考え、ポジティブに進むことができます。
しかし自己肯定感が低いと「どうせ無理だ」「やっても意味がない」とネガティブに考えてしまい、なかなか一歩を踏み出せません。

■自己肯定感が低い原因
自己肯定感が持てない原因として考えられるのは、以下のようなものです。
・成功体験が少ない
・コンプレックスがある
・強烈な失敗体験を忘れられない

例えば、仕事で大きなミスをしたことに責任を感じたり、ご自身の心身の欠点を気にしたりと、ご自身の中にマイナスの感覚があり続けるとどうしても自己肯定感は低くなってしまいます。
また、過去の行動から得られたものがないと考えている方も、自己肯定感が低い傾向にあるようです。

■全部「個性」と捉えてみよう
欠点や失敗は、確かにネガティブな要素かもしれません。
でもちょっと視点を変えてみてください。
あなたの心身の欠点は、個性として活かすことはできませんか?
過去に失敗したことがあっても、それをバネにして次に進むことはできないでしょうか。

マイナスの要素も、少し考え方を変えるだけで成功への道標になります。
もしどうしても自分の力で自己肯定感を高めるのが難しい場合は、ぜひ就労支援事業所の力を借りてみてください。
株式会社AAAsupportでも、個々の特性をプラスの方向に伸ばすお手伝いとして、さまざまなプログラムを実施しています。

▼まとめ
自己肯定感はお金で買えるものではありません。
それだけに、一度手に入れれば色々な場面であなたを助けてくれることでしょう。
困った時は専門機関のサポートを上手にご利用いただいて、自分だけの価値を見つけてくださいね。

NEW

  • 就労支援a型とb型の違とは

    query_builder 2022/08/01
  • 就労訓練プログラムとは

    query_builder 2022/07/15
  • 就労にあたって多い悩みとは

    query_builder 2022/06/15

CATEGORY

ARCHIVE